アドワーズ ぞう
ぞう
ぺんぎん
ぺんぎん
きつね
きつね
たぬき
たぬき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほぞんけつ 保存血 名詞

慶応大学-東大-首相官邸

東大(E)-University of Oxford-ハーバード外務省
フィリップ3世 (フランス王)



フィリップ3世(Philippe III, 1245年4月30日・ポワシー - 1285年10月5日・ペルピニャン、在位:1270年 - 1285年)は、フランス王国カペー朝第10代の国王。ルイ9世と王妃マルグリット・ド・プロヴァンスの次男。大胆王(le Hardi)と呼ばれた。
勇猛だが、単純で騙され易いと評された。当初は、低い身分(トゥレーヌ地方の小貴族)出身のピエール・ド・ラ・ブロース(時にはピエール=ド=ブロスとも)を寵愛して臣下の反感を買い、後には野心家の叔父シャルル・ダンジュー(アンジュー伯、後にシチリア王)の操り人形といわれた。
1270年に父と共に第8回十字軍に参加してチュニジアに遠征するが、父の病死によりフランスに戻り、即位する。
1271年に叔父のトゥールーズ伯兼ポワチエ伯アルフォンスとジャンヌ夫妻が跡継ぎなく没すると、イングランド王エドワード1世が旧領の所有権を主張したが、若干の領土割譲により和解した。また、教皇ウルバヌス4世が、アルビジョア十字軍時にトゥールーズ伯レーモン7世がローマ教会に寄進したと主張したため、アヴィニョン周辺(ヴネッサン)を割譲しなければならなかったが、その他の領土は王領への併合に成功した。











ほぞんけつ 保存血 名詞







































スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。